闇金の取り立てや督促に困っていたら弁護士・司法書士に相談

闇金からの督促や取り立てが始まっている場合、一人で悩むのは非常に危険です。

 

誰にも相談せずにいると、ズルズルと闇金業者の要求に従うことになり、問題の解決とはなりません。

 

だからと言って、返済をせずに督促や取り立てを無視しているなら状況は悪化することでしょう。

 

闇金業者と契約した時に、家族の連絡先や職場の情報を記入してしまっている場合、取り立てや督促を無視するなら、ほぼ間違いなく自分以外へと督促が移ります。

 

結果として家族に大きな迷惑をかけてしまったり、職場への督促によって社会的な立場を失ってしまう場合もあります。

 

なので、闇金からの督促や取り立てが始まっているなら、無視するのではなく専門家である弁護士や認定司法書士に相談してください。

 

弁護士や認定司法書士に相談するなら、闇金業者からの督促や取り立てへの対処方法についてアドバイスをもらうことができます。

 

さらに正式に依頼をすると、弁護士は法的な代理人として、借入金額がいくらであっても闇金業者と交渉を行えるようになります。

 

認定司法書士も借入金額が140万円以下であれば、弁護士と同じように代理人として闇金業者と交渉が可能です。

 

取り立てや督促が始まると、永遠に続くのではないかと不安になるかもしれません。

 

しかし弁護士や認定司法書士などの専門家に依頼すると、弁護士や認定司法書士が正式な代理人となった旨が闇金業者に通知されます。

 

この段階で、70〜80%の確率で督促や取り立てが停止しますので、少しでも早めに専門家に相談することが重要です。

闇金の取り立てが家族・職場に行くことも!エスカレートする前に対策を

借金をした本人が返済を行わない場合、夫や妻や子供にも取り立てがいくことがあります。

 

近年の闇金からの取り立ては巧妙化しているため、注意が必要です。

 

闇金の家族への取り立て

借金をした本人の返済に問題が生じた場合、闇金は迷いなく家族への取り立てを始めます。

 

闇金からお金を借りている時点で、家族は借金の存在をしらない場合がほとんどです。

 

そのため闇金は家族に借金について知らせ、返済を促すように勧めます。

 

それと同時に、家族が返済しても問題はないと伝えることで、家族からも取り立てを行うようにします。

 

子供への取り立て方法

一昔前には、子供が通う学校の校門前で、親の借金について喚き散らすという嫌がらせもありましたが、現在は即逮捕となるためほとんどありません。

 

その代わり、闇金業者は子供に近づき、子供に借金の存在を知らせ返済するように親に話すように促します。

 

SNSを利用した取り立てと嫌がらせ

借金をしている本人がSNSを利用している場合、SNSを利用した嫌がらせも行われるようになりました。

 

本人が利用しているSNS宛てに借金の返済を行うように伝えるだけではなく、SNSに登録している友人へ借金に関するメールを送る闇金もあります。

 

SNSの中には本名での登録を義務付けているものもあるため、友人まで被害が及ばないように利用を停止するなどの処置を早めに行いましょう。

 

闇金業者が家族や子供、SNSやメールを利用して取り立てを行う目的は、債務者を追い詰め返済させるためです。

 

一度嫌がらせが始まってしまうと、非常に大きな影響が家族や友人に及ぶことになるため、迷わず闇金対策の専門家に相談してください。

 

闇金は職場や会社にどのようなやり方で取り立てたり嫌がらせする?

闇金からお金を借りたとしても、問題が起きていない限り、闇金業者が会社まで電話をしてくることはありません。

 

しかし一旦、返済が滞ったり、契約内容に対して不服を申し立てたりした場合、闇金業者から本人へ取り立ての電話があります。

 

何らかの理由で本人に連絡がつかない時、闇金業者は躊躇なく会社まで取り立てを行なうようになります。

 

会社に借金の存在を知らせる

闇金業者が借金の取り立てのために会社に行う最初の段階は、会社に対して借入れの情報を伝えることです。

 

それによって少しでも早く借金の返済を行うように、本人にプレッシャーを与えるようにします。

 

最初の段階では、1、2回程度の督促の電話がかかってくる程度ですが、返済が行われないと取り立ては激しさを増してきます。

 

取り立ての電話が増えてくる

闇金業者が望むようなタイミングや方法で返済が行われないと、会社への電話の回数は一気に増します。

 

1日に何度も電話が来るようになり、徐々に業務に影響が出てくるようになります。

 

電話口の言葉遣いが乱暴になり、肩代わりを要求してくる

最初のうちは、会社に対して借金の返済が行われないと会社に通知してくるだけですが、返済が行われないと闇金の本性が出てきます。

 

非常に乱暴な言葉遣いになり、脅すような口調へと変化し、いずれ会社が借金の肩代わりをするように要求してくるようになるでしょう。

 

仕事を妨害するような嫌がらせが始まる

それでも返済が行われない場合、嫌がらせは電話だけでは済まなくなることもあります。

 

例えば、債務者の名前で宅配食品が職場に大量に送られてきたり、緊急車両が職場に何度も呼ばれてしまうこともあります。

 

このような段階になる前に、闇金の専門家である弁護士や司法書士に相談しなければなりません。

 

仮に取り立て始まっているなら、今すぐに法律家に相談するようにしてください。

 

闇金からの取り立てを無視したり逃げても取り立ては止まらない

闇金からお金を借り、返済をしないと取り立てが始まります。

 

取り立てが始まったため警察に相談すると、状況によっては電話を無視するようにとアドバイスされることもあるようです。

 

確かに取り立ての電話を無視することが良い場面もありますが、状況を見極めてから行動の方法を決める必要があります。

 

闇金の取り立てを無視しても良い場合

闇金からの取り立てを無視しても良いのは、自分の電話番号のみを闇金に伝えている場合です。

 

つまり取り立てを無視したとしても、闇金が家族や友人、会社へ督促や取り立てを行うことができないという意味です。

 

仮に電話番号に加えて自分の住所を教えてしまっている場合は、電話を無視すると闇金業者が自宅まで来ることになり、取り立ては止みません。

 

電話番号を知っていれば、住所を特定できると脅すような闇金もありますが、電話番号から住所は特定できません。

 

闇金の取り立てを無視してはいけない場合

闇金業者が、家族の電話番号や住所を把握している場合や会社の名前や連絡先を知っている場合、絶対に取り立てを無視してはいけません。

 

本人が取り立てを無視した場合、闇金は取り立ての対象を家族や会社へ変更するだけです。

 

会社や家族へ多大の迷惑となりますので、無視するのは避けてください。

 

SNSの情報にも注意

電話番号しか伝えていない場合でも、SNSに本名や電話番号を載せてしまっている場合、住所や友人関係が特定される可能性が高くなります。

 

この場合、取り立て方法がエスカレートする可能性が高いため、事前に電話番号や本名を削除しておきましょう。

 

特定の状況を除いては、取り立てを無視するのは賢明ではありません。

 

取り立てが始まっている以上、早めに闇金專門の弁護士に相談するようにしましょう。

闇金からの取立ては自分で交渉して解決できる?

闇金業者からの取り立ての交渉を自分で行うことは可能です。

 

法的に必ず弁護士や認定司法書士を代理人として取り立ての交渉を行わなければならないというわけではありません。

 

しかし自分で交渉を行える事と、交渉が成功する確率が高いのかという事は別問題です。

 

最初に結論をはっきり伝えると、自分自身で闇金業者と交渉を行なっても満足のいく結果になることはほとんどありません。

 

闇金業者は違法な方法で貸金業を行なっているものの、賃金法についてもある程度の知識を持っています。

 

さらに交渉についても、かなりの経験を積んでいるため、交渉術について理解していない方が自分で交渉しても解決できる見込みはありません。

 

闇金業者は違法行為をしている事を前提に、取り立てに対し返済を拒否すると交渉する方もいらっしゃいます。

 

違法性を主張すれば、闇金業者が取り立てを止めるのではないかと考えるわけです。

 

しかし闇金は、最初から違法であることを認識した上でお金を貸しているため、上記のような正論はまったく効果がありません。

 

逆に上記のような正論で交渉に望むと、闇金業者の神経を逆なでることになるため、取り立てがより一層激しくなる可能性もあります。

 

法的な行動を起こせない一般人が、法律の解釈を使って交渉することほど危険なことはありません。

 

ですから闇金からの勧誘ではなく、取り立てが始まっている場合は自分で交渉をするのではなく、闇金問題の専門家に相談するようにしましょう。

 

弁護士や認定司法書士であれば、法律の専門家として闇金と交渉ができるため、解決できる可能性は高くなります。