ヤミ金か正規の貸金業者かどうやって見分けるの?

正規の賃金業者と闇金業者を見分ける方法は、少なくとも3つあるので、借りる前に必ず確認してください。

 

★広告に必要事項が載せられていない

 

★金利が法定以上

 

★勧誘の言葉が載せられている

 

を確認するようにしましょう。

 

広告には法律によって要求されている項目が表示されているか?

 

法律に則って賃金業を行う賃金業者の広告には、国から求められている項目が必ず載せられています。

 

★賃金業登録番号
★貸付金利
★連絡先
★名称や氏名
★返済期間と方法

 

上記の情報を載せていない広告を出している業者は、闇金と判断していただいて良いでしょう。

 

特に重要になるのは、賃金業登録番号の有無と登録番号が正確であることです。

 

賃金業登録番号の記載がない業者は、完全に闇金業者なので連絡をすることも控えてください。

 

仮に賃金業登録番号が記載されていても、金融庁の情報に番号の情報がない場合も闇金業者です。

 

金利が法律で定められている率を超えている

金利が、以下の利息制限法以上に設定されている業者も闇金に間違いありません。

 

★10万円未満の融資の場合は年率最大20%
★10万円以上100万円未満の融資は年率最大18%
★100万円以上の融資は年率最大15%

 

上記の数字を超えている業者は闇金であるため、利用を避けてください。

 

勧誘の言葉が非常に魅力的

闇金業者の広告には、あまりにも魅力的な謳い文句が載せられています。

 

★誰でも借りられます
★他社様に断られた方でも貸します
★絶対に借りられます

 

上記のような広告は魅力的ですが違法であるため、正規の賃金業者は使いません。

 

これも非常に分かりやすい闇金を見分ける方法です。

 

お金を借りる前に、闇金と正規の賃金業者を見分ける上記の3項目をチェックするようにしてください。